1. Home
  2. 国際交流を支える教育職

国際交流を支える教育職

勉強道具

専門知識を身につける必要

近年、マスメディアなどでも取り上げられる機会の多い職業が、日本語教師です。日本語教師は、日本語を母語としない人々に文法や語彙、会話などに係る日本語能力を授ける仕事です。主に日本語学校と呼ばれる教育施設で職務に従事します。日本語教師が注目を集めている理由は、何と言っても日本を訪れる外国人の増加です。経済・教育・文化などにおける国際交流の拡大に伴って、需要は年々高まってきています。日本語教師になるのに特別な資格は必要ありませんが、ほとんどの日本語学校が採用条件に掲げているものが3つあります。1つめは大学で日本語教育を専攻していること、2つめは日本語教育に関する検定試験に合格していること、そして3つめは420時間以上の日本語教育養成講座を受講していることです。このうち1つめについては、当然ながら4年間の学習期間が必要となります。しかし2つめと3つめについては、もっと短い期間で達成することが可能です。特に3つめの養成講座については全国各地の資格スクール等に講座が設けられており、効率よく学習すれば半年から1年程度でクリアできます。時間的なメリットという点において、最も効率的な方法だと言えます。また、この養成講座を、2つめに挙げた検定試験のための受験対策講座として利用することも可能です。つまり、3つの採用条件のうちの2つを同時に満たすことで、日本語教師としての適性をより強力にアピールできるというメリットが得られるわけです。