1. Home
  2. 日本語を指導する資格

日本語を指導する資格

ウーマン

費用を負担を緩和した方法

日本語教師としての仕事に従事するためには国家試験を取得しなければなりません。この資格を取得する際に活用されているのが日本語教師の講座です。日本語教師になる方法として大学で専門の教授法を学ぶ手段がありますが、この場合は四年制の大学で規定の単位を取得し卒業しなければなりません。また、資格を取得するまでに長い年月を要する事に加え、数百万円単位の高額な授業料を納入しなければならないのです。その結果として、大学は狭き門とされています。しかし、日本語教師を養成する講座ならば十万円程度のものから、スクーリングと併用する場合でも数十万円単位の通信講座もあります。そのために経済的な負担を緩和して日本語教師となることができるのです。そして、各種の講座のメリットとしては自由な時間に日本語教師になるための勉強が出来るというポイントも挙げられます。日本語教師になるには試験に合格する為、一定の期間は集中して学ぶ事が必要です。しかし、日常生活の中でまとまった時間を確保できない場合は、空き時間を見つけて小刻みに勉強を重ねる事が求められます。この勉強方法には通信講座をはじめ、各種の講座が理想とされているのです。このスタイルの勉強法を確立すれば昼間は仕事をしている社会人でも週末にスクリーングを行うなどして日本語教師の資格を取得する事が可能です。また、講座のメリットの一つである経済的な負担の少なさという点からは、専業主婦や学生でも取得出来る資格となっています。