外国人に日本語を教える

男性と女性

現在、日本に住む外国人は多くいます。家族で移住してきている人もいますし、仕事で単身で来て日本に住んでいる人もいます。どの外国人にとっても、日本語の習得は非常に大切です。日本語の習得ができないと、仕事に就くことが難しいですし、周囲の日本人との人間関係が困難になります。家族で日本に住んでいても、妻と子供は日本語が話せず、孤立してしまうというケースもあるのです。日本に来た外国人が、日本の生活の中で安心して暮らすために、日本語教師の存在は非常に重要と言えます。需要も増えてきていることから、日本語教師を目指す講座も増えてきています。日本語教師を目指す人のための講座は内容も、受講のスタイルも、それぞれの学校で異なります。資格取得を主な目的としている講座もありますし、講座終了後日本語教師として働きたい人達のために、模擬授業を多く取り入れてより実践的な授業を主に行っている学校もあります。このようなタイプの学校では、日本語を習っている途中の外国人を相手に模擬授業を行うことで、教える際の難しいポイントや注意する点などを実体験として学ぶことができます。さらに、学校に就職課を設けているところもあり、就職先の相談に乗ってくれたり、履歴書の書き方や面接のノウハウなど、支援してくれたりするところもあります。日本語教師を目指す人のための講座を選ぶ際は、資格を取るためなのか、その後に就職を目指しているのか、あるいは実践スタイルの講座を希望するのかなど、自分の好みや目的に合ったところを選ぶようにしましょう。

国際交流を支える教育職

勉強道具

日本語教師は、国際交流の進展に伴って需要が拡大している職業です。採用されるには日本語教育に関する専門スキルが必要ですが、大学で学べば4年かかります。しかし専門の養成講座であれば半年〜1年程度で必要な知識を身につけることができます。

日本語教育に携わるには

地球

日本語教師は、民間の日本語学校などで主に外国人の日本語教育を担当する職種です。公的な資格などは必要ありませんが、国の指針に沿ったカリキュラムを持つ養成講座で学んでいることを採用条件に掲げる日本語学校が多いため、該当講座の受講が事実上の必要資格の1つになっています。

日本語を指導する資格

ウーマン

日本語教師になる手段には幾つかの方法があります。しかし、四年制の大学とは異なり、通信講座は費用負担を軽減して資格が取得できる事に加え、生活に合わせた自由な勉強のスタイルが可能になるので幅広い層に受け入れられています。